酵素ドリンクは健康に良い、ダイエット

酵素ドリンクは健康に良い、ダイエット効果が期待できるという点で注目を集めています。
酵素はたんぱく質の一種で人間の体内で作られる物質ですが、その生成量は人間が持つ遺伝子によって生まれたときから決められています。

酵素は、呼吸したり筋肉を動かす等の生命維持活動には欠かせない物質ですが、生活習慣や食習慣次第では酵素の無駄遣いをしてしまうことがあります。
たとえば過度な飲酒・喫煙、睡眠不足、食品添加物の多い食品をたくさん食べている等は酵素を多量に消費します。

消費された酵素は元には戻りませんので、足りない分は外から補給しなくてはいけないのですが、その摂取方法のひとつとして酵素ドリンクがあげられます。

しかし、酵素ドリンクは決して安いものではありませんので、継続して飲むのが難しい場合もあると思います。
ですが、酵素ドリンクの原材料は野草や野菜、果物ですので自分で作ることも可能です。

材料は自分の好きな野菜や季節の果物、白砂糖ですが、野菜や果物はなるべく無農薬のものを選びましょう。
もしも農薬が気になる場合は、重曹でよく洗うと取り除くことができます。

材料となる野菜や果物は1種類でも良いですし、数種類を混ぜても良いでしょう。
発酵させる容器は果実酒を作るのに使うような、口の広い透明なビンを選びます。
材料を良く洗ってざく切りにしますが、りんごやキウイ等の皮の薄い果物は皮をむかずに厚さ5㎜程度で切ります。

仕込みはでは材料と白砂糖を清潔なビンに入れますが、このとき砂糖はなるべく純度の高い白砂糖を使うのがおすすめ、分量は材料と白砂糖を1:1にします。
材料と砂糖を交互にいれ、最後に材料を覆うように砂糖を入れます。

野菜や果物は呼吸していますので密閉せず、少し蓋を開けたまま20°~25°の直射日光の当たらない部屋で保管します。
これから完成するまで毎日1~2回、清潔な手でかき混ぜます。

5日~6日目で白砂糖が溶け野菜や果物から水分が出て、時期によっては泡が出ることもありますが、発酵しているという証拠ですので心配ありません。

10日~12日目頃に混ぜた時、小さい泡がシュワシュワと音をたてていれば発酵完了です。
ザルでこして、清潔なビンに入れて冷蔵庫で保存します。
保存期間は約1ヶ月、ビンに製造日を記入するなどして保存するのが良いでしょう。

—情報提供元—-
酵素ドリンク通販.co
http://xn--pck8b5eob2216e5qtagqff1c.co/